2022 年の春も半ばを過ぎ、まもなく夏がやって来ます。今後数か月はいいお天気が続き、楽しい季節が到来します。思い出に残る結婚式を挙げるのにパーフェクトなタイミングです。

理由は定かではありませんが、運を試すカジノゲームは多くの人に愛されているにもかかわらず、さまざまな国でいまだにタブー視されています。日本でも同様で、ギャンブルは悪だと考える人も多く、厳しく取り締まられています。許可されているか否かに関わらず、多くの人がギャンブルを楽しんでおり、それは全く恥じるべきことではありません。特に、まもなく結婚予定でギャンブルが大好きな方々、ぜひこの記事を最後までお読みください!

カジノフロアのレンタル

非常に残念ですが、カジノフロアをレンタルすることは簡単ではありません。カジノの全フロアをレンタルするには莫大なお金がかかるので、そうする人はほとんどいないのが現状です。フロアのレンタル自体は決して不可能ではありませんが、結婚式には通常多くの招待客が参加します。レンタル可能な部屋では、平均的な結婚式を行うのはおそらく狭すぎて無理があるでしょう。

もし予算に問題がなく、招待客の人数も少ない、というのでしたらカジノで結婚式を開くことはもちろん可能です。

カジノがテーマの結婚式

カジノフロアをレンタルできないからと言ってすべてをあきらめる必要はありません。想像力を駆使すればカジノの雰囲気をほぼ完ぺきに再現することはできるはずです。

 カジノ機材のレンタルを扱う会社は多数存在します。想像力に自信がない場合はデザイナーを雇うのもおすすめです。理想通りのウェディングを実現するために、きっと一役買ってくれることでしょう。カジノ施設と似ているレンタルスペースを借りることもできるかもしれません。その場合はあとはカジノ機材をそろえるだけで、ほぼ準備万端です。

ルーレット型ウェディングケーキ

結婚式の最後は、本物そっくりのルーレット型ウェディングケーキをゲストにお披露目して締めくくりましょう。ダンスをしている新郎新婦のオーナメントをトッピングしたり、回転するホイールをケーキの上にのせてボールを投げてみたりするのも楽しい演出です。

記憶に残る結婚式には素晴らしいウェディングケーキが欠かせません。ウェディングケーキは高価なものが多いですが、お金をかける価値はあります。

運を試すカジノゲーム

ポーカーは常に人気のゲームで、この記事を読んでいる方々も生粋のポーカー好きな方が多いのではないでしょうか?ポーカーファンのゲストが集まる場合は、すべてのテーブルにトランプを用意しておきましょう。

カジノゲームは決して毎日目にするものではありませんが、それがあなたが心から楽しんでいるものであれば他人にとやかく言われる筋合いはありません。会場にスロットマシーンやビリヤード台を入れるのもおすすめです。ビリヤードは運試しのゲームではありませんが、しばしばカジノに置かれており、250 年もの間ギャンブラーたちによって愛されてきました。ゲストがカジノの雰囲気に存分浸れる場所を準備できれば、あとは簡単です。リラックスして結婚式をお楽しみください。

三々九度 – 古くから日本に伝わる神前式

世界にはさまざまな結婚式のスタイルがあり、その素晴らしさには目を見張るものがあります。すべての国に独特の伝統や習慣があり、日本にも独特の結婚式のスタイルが存在します。現代の結婚式は昔のものとは大分異なりますが、その美しさでは引けを取っていません。昔は結婚式は親戚や近所の人など、少人数の招待客と一緒にお祝いする場所でした。今のように大きなイベントではなく、時間が経つにつれてその形は少しずつ変化しています。

神前式は神社で斎主によって進行が進められる日本に古くから伝わる結婚式です。式は内輪だけで行われ、今日まで多くの若い夫婦がこのスタイルで結婚式を挙げてきました。

三々九度

夫婦固めの盃とも呼ばれる三々九度は、神前式で行われる最も伝統的な儀式です。ではこの儀式はどのように行われるのでしょうか?日本酒は古くから多くの人に愛されている飲み物で、この伝統的な飲み物が新郎新婦の愛を誓う式で登場するのも自然な流れであると言えます。 

まず最初に新郎新婦は 3 回お酒を酌み交わします。すべて同じ器が使われているわけではありません。 3 つの異なる大きさの盃と呼ばれる器を使い、交代でお酒を飲みます。これは夫婦の契りを結ぶ儀式であり、若い人たちへ受け継がれていくべき古く美しい伝統です。

三々九度を行うのは新郎新婦だけではありません。家族間の絆を築き、良好な関係を保つという願いを込め、新郎新婦の両親もこの儀式に参加します。1 口目、2 口目、3 口目は 3 組の夫婦、4 口目、5 口目、6 口目は憎しみ、激しい感情、無知など人々が避けるべき特質の象徴です。さらに 7 口目、8 口目、9 口目はそれらの好ましくない特質から自分たちを解放することを意味しています。

神社

神前式を行える場所を探すのはそう難しいことではありません。最寄りの神社へ行けば、神前式を手配することができます。式はまず身を清めることから始まります。その後、誓いを交わし、三々九度が行われ、最後に玉串と呼ばれる榊の小枝を神前にお供えします。

まとめ

戦争、経済格差、国際紛争を防ぐことができるので、グローバル化にはさまざまな利点があると言われています。しかし、すべての国が一体化すると、文化、歴史的遺産、言語などを失ってしまう可能性があります。現在、若い世代の人々は古くから日本に伝わる神前式よりも、モダンな西洋式の結婚式を好む傾向にあるようです。日本の伝統が消えつつあるのは悲しいことですが、日本文化を愛し、維持する努力をしている若者たちが未だ存在していることも事実です。